のんびり

関西在住です。 絵本、お出かけ体験、USJ、等々の雑記ブログです。

スポンサーリンク

ヨシタケシンスケさんの絵本3冊!

こんにちは!ささやまのどかです。

今日は、今をときめくヨシタケシンスケさんの絵本の話をします!

 

クラシックな絵本大好きですが、本屋さんで新しい素敵な絵本に出会えた時もワクワクします。

 

今ではすっかり有名なヨシタケシンスケさんの絵本を本屋さんで見た時も、やっぱりズキュンと心うたれた衝撃がありました。

絵も勿論カワイイんですが、子供心そのままの感性と、それを見守る大人の現実感に、オオウッとしびれます。

 

「りんごかもしれない」ヨシタケシンスケ

  

デビュー作だそうです。

おや あれはなんだ

テーブルの うえに りんごが おいてあった

 

でも… もしかしたら… 

これは りんごじゃないのかもしれない

 

もしかしたら おおきな

サクランボの いちぶかもしれない

 

それか なかみは ブドウゼリー

なのかもしれない

 

あるいは むいても むいても 

かわかもしれない

結構哲学的なんです。

 

この絵本は本屋さんでパラパラッと読んだだけなんですが、

私にとって、その中に子供心にブワッと戻してくれるページがありました。

 

りんごはりんごに見えるけど、本当にリンゴか?と考える少年が

 

ぼくからみえない はんたいがわは ミカンかもしれない

っていう言葉があって、

“あ~、自分も子供の頃、同じこと考えたな~”

って一気にタイムスリップしちゃった。

 

鏡に映る景色を見ながら、

“もしかしたら あっちが本当の世界で 

こっちの私が偽物かもしれない”

とか思いながら鏡を見つめたこととか。

 

私にとって好きな絵本は、子供心を思い出させてくれる絵本なのかもしれない。

 

でもそこから先は、私などではとうていおもいつかない

ヨシタケシンスケワールドが広がっていて最高です!

まだの方はぜひご一読を。

 

 お次は次女が大好きで買った絵本。 

 「なつみはなんにでもなれる」ヨシタケシンスケ

 

 これもまたいいんですよね~。

次女はなつみちゃんに、私はなつみちゃんのお母さんに

超共感!

おかーさん! おかーさん! おかーさん!

おかーさん!なつみはね、

すごくいいこと

おもいついたよ!

 

え?

また?

もうすぐねるじかん

なんですけど。

もう最初から引き込まれますね~。この寝る前の母と子のやりとり。

お母さん!気持ち。分かるよ!!

そしてなつみちゃん!いつも自由人で楽しそうで羨ましいぜ!!

 

まぁとにかくここからお母さんは、

なつみちゃんが出す、何かのモノマネを当てるというゲームに

付き合わされることになります。

(あら?お母さん視点)

 

どんどん、ぜんぜん答えの分からない

なんじゃそらクイズが続いて

答えを当てられないお母さんに

なつみちゃんがキレ出して、2人とも興奮状態。

 

我が家の次女は一時、しょっちゅうなつみちゃんのマネをして

変なモノマネクイズを出していました。

 

もうね~。パパの帰りが遅くて、

いつもママが寝かしつけしているご家庭には

特にオススメですね。

 

そしてなつみちゃんを見ていると、

自由で無敵な子供時代にちょっとかえりたくなります。

うん!なつみなら ぜったいなんにでもなれる!

 

 次!ヨシタケシンスケさんといえばコレ!っていう気もする絵本です。

「もうぬげない」ヨシタケシンスケ

これはですね~。主役の男の子の、ぽよんとしたお腹が可愛い絵本です。 

お腹が顔みたいになっています。

ぼくのふくが ひっかかって ぬげなくなって

もう どのくらい たったのかしら

 

おかあさんが 「おフロにはいろう」

なんていうから いけないんだ

ぼくは「じぶんでぬぐ!」っていったのに、

おかあさんが いそいで ぬがそうとするから、

ひっかかっちゃったんだ。

 

「ひとりで ぬぐから だいじょうぶ!」って

いろいろ やってみたけれど、

やっぱり ちっとも ぬげないみたい。 

ぼくはとにかくふくをぬぐため

一人で格闘します。

おかあさんにお願いするなんて

男のプライドが許さないんですね…。

 

結構前向きに、そのままの人生も想像し、

妄想の中で、服を脱げなくなった親友にも出会います。

 

しかしお腹がさむくなってきて

もう一度格闘します。

その結果さらに悲惨な状態に…。

 

 あ~、おバカでいいな~。平和だな~。

そしてまた、男の子を見るお母さんの表情と

鼻息が、母にとっては共感のたまらん絵本なのです。

 

他にも、ヨシタケシンスケさんの新作、名作、

いっぱいありますよ!

ぜひ手にとってみて下さいね。(*^-^*)

 

以上、ヨシタケシンスケさんの絵本3冊、でした!

 

 

sasayamanodoka.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク