のんびり

関西在住です。 絵本、お出かけ体験、USJ、等々の雑記ブログです。

スポンサーリンク

【犯人は踊る】カードゲームの遊び方と感想!子供も遊べる心理戦ゲーム。

こんにちは!

「夫が次々と色々なカードゲームを買ってくる」シリーズです。

ええ、初めてです。気が向いた時に少しずつ書いてみようと思います。

今回はこちら!

 

「犯人は踊る」 

 

製造・販売、“すごろくや”さんのミステリーカードゲームです。

企画・制作は、鍋野企画さん。

 

これは夫が買ってきたカードゲーム5つめ、ですね。

そのうち3つは“すごろくや”さんのカードでした。

「犯人は踊る」は次女にも大うけだったし面白かったので、書いておこうと思いました。

 

 

ざっくり、どんなゲーム?

犯人カードや探偵カードがあり、誰が犯人かを予想し探し当てるゲームです。わくわく。

ちなみに犯人はコロコロ変わります。ドキドキ。  

f:id:sasayamanodoka:20190206120419j:plain

(説明書の表紙)

 

 

箱の中身 

ゲームカード32枚、説明書1部。(すごろくやさんの宣伝カード1枚)

f:id:sasayamanodoka:20190206120511j:plain

 (写真は一部です)

 

 

時間

10分~20分。 ←おすすめポイント!

 

人数

3~8人用 (できれば4人以上ほしいところ)

 

対象年齢

8才~大人向け (次女は7才ですが大丈夫でした。アリバイなど、言葉の説明は必要。)

 

カードの準備、配り方

1人4枚の持ち札になるように配ります。

探偵、犯人、第一発見者、アリバイ、たくらみ、など必須のカードがあるので、それらを先に入れて、他はランダムに必要枚数を入れます。

(ちなみに、我が家ルールは『少年カード』も必須です。楽しいので!

『いぬ』も入れたりします。)

f:id:sasayamanodoka:20190206120820j:plain

 

 

ざっくり、どうすれば勝つの?

探偵が犯人を当てれば、探偵の勝ち。

犯人がバレずに逃げ切れば犯人の勝ち。

その他ちょこっとした勝ち方あり。

f:id:sasayamanodoka:20190206120948j:plain

 

ゲームの流れ、ルール 

1人4枚ずつカードを配り、自分だけ確認。

第一発見者カードを持っている人からスタート。手札から1枚選んで、表向きに場に出し、アクションを行う。アクションは全てカードに書かれています。

時計まわりで次の人へ。 

f:id:sasayamanodoka:20190206121340j:plain

 

好きなところ

・カードの絵が1枚1枚違ってかわいい

f:id:sasayamanodoka:20190206123535j:plain

私は特に『うわさ』がお気に入り。アラ、ヤッダー。

 

・最初は「難しいかな?」と思ったけど、やってみると意外と簡単。その割に楽しい

カードに全てアクションが書かれているので、勝ち方と負け方さえ分かっていればゲームできる。

・母としては15分位で1ゲーム終わるのが助かる。

・「少年」カードを使うと優越感に浸れて楽しい! 

 …説明しよう。少年カードとは、自分だけ犯人を知ることができるカードなのです。子供も大人もウキウキです。犯人がチラッと手をあげる姿も可愛いのです。

f:id:sasayamanodoka:20190206123440j:plain

あら?よく読むと目を閉じて、犯人だけ目をあけるって書いてますね。その方が音は出ないですね。

我が家は全員伏せて、犯人だけソーッと音が出ないように手を挙げていました。 

 

 ・常に何かしら動きがあるので、退屈しない。(動きがないのは一般人カードくらいかな?)

・犯人カードがまわってくると“うわっ”となる。

・後半、犯人の方が有利か、探偵の方が有利かの駆け引きが面白い。

子供が「犯人は…… パパですね!」とか言う時の顔が嬉しそうでいい。少年カードを使ったあとのニヤけた顔も、いい。

・『いぬ』で犯人カードをひきあて勝利すると、鮮やかでかっこいい。

・「犯人は踊る」は企画・制作が鍋野企画さんで、作 鍋野ぺすさん、絵 鍋野たまさんとなっている。ご夫婦で作られているらしい。微笑ましい!

・説明書もあたたかみあり。

 

我が家ルール

まだ模索中ですが…。夫が色々と考えてくれます。

・すぐ終わるゲームなので、5回くらいやって点数制にする。合計点の多い人が勝ち。勝ち方で点数に差をつける。

・必須カードを自分たちで決める。うちは『少年』と『いぬ』を追加。

・この間、1人5枚で試してみた。模索中。

 

 こんなところかなぁ。

以上「犯人は踊る」のカードゲームは心理戦で楽しいよ~、という話、でした!

 

スポンサーリンク