のんびり

関西在住です。 絵本、お出かけ体験、USJ、等々の雑記ブログです。

スポンサーリンク

絵本「おばけパーティー」「しゅっぱつしんこう!」

こんにちは!ささやまのどかです!

 

私は絵本が大好きなので、絵本のことを書きたいなと思いつつ。

本当は、〇〇な絵本〇選!とかやってみたい!と思ったんですが…。私にはハードルが高く。

とりあえず、絵本シリーズという名目で少しずつ書いていくことにしました!

もし気になる絵本があれば、このリンクからじゃなくても、図書館でもブックオフでもどこでもいいので、手にとってみて下さいね!

 

「おばけパーティー」

はい。なかなかシャレたお化けの絵本です。

著者の説明を見ると、フランス人。やっぱね、おしゃれな雰囲気です。

 

表紙の絵は、おばけ達が揃いも揃ってお化けを怖がっている場面です。

おばけの自覚がないんですかねぇ。でも愛らしいですねぇ。

 

字数は少ないです。

主人公おばけのアンリが、おばけの友人達を晩さん会に招待するお話です。

場所は古~いお城の大広間。

 

アンリが、最初のカクテルからフルコースまで、料理の全てを用意します。

それらをいただくたび、おばけたちがちょっとずつ変化して…というお話です。

 

 この本は、昔、長女が幼稚園で先生に読んでもらって、すごーく好きだと言うので、買ったんですね。

そんなたいしたストーリー性はないんですが、この絵のシンプルさと、ページをめくるたびに出てくるおばけたちの変化に、子供心わしづかみ。

 

次女の幼稚園でも読み聞かせしたら、ページをめくるたび子供達の声があがるんですね。幼稚園児カワイイっす。

なんでしょね、子供達ももう一度、自分でゆっくりページをめくりたくなる絵本ではないでしょうか。

 

次女が2歳位の頃、「おばけぱーぴー」と言っていたのが、たまらなかったです。懐かしい…。

 

 もう一冊だけいきましょう!

 「しゅっぱつしんこう!」

これは夫が選んで、子供達に買ってくれました。

字数はやや多め。

 

電車好きの男の子ゆたか君が主人公です。

ゆたか君の将来の夢は、電車の運転士になること。 

ある晩、真夜中に目を覚ますと、枕元に置いてあった電車のおもちゃがなくなっています。大きな音に驚いて外へ出ると、電車が目の前にとまっていました。ゆたか君は、電車からおりてきた運転士さんと運転を交代することに…。

と始まるお話です。

 

途中、トラブルもありつつ、たくさんの動物たちを乗せます。 

最後は夢オチかな?と思ったら、ちょっとふわっと不思議な感じで終わります。

私は最後の場面がお気に入りかな。

 

電車が好きな子供さんには、特におすすめです。

ゆたか君が緊張した面持ちで

「しゅっぱあつ しんこう!」

と大声をあげてぐいっとコントローラーを動かし、

でんしゃが ごとりと うごきだしたんだ

 という場面は、読んでいる方も胸が高鳴ります。

 

 意外と五感に訴えかけてくる絵本です。

我が家にとっては、パパが選んでくれた本、ということで、特に思い出に残っている絵本ですね。

 

「おばけパーティー」「しゅっぱつしんこう!」、でした!

 

スポンサーリンク