のんびり

雑記ブログです。お出かけ、絵本、子育て、USJ、テレビ、家事、日記など。好きなことを好きなように書いています。

スポンサーリンク

「六甲山スノーパーク」ファミリースクールとソリとスキーで子供と遊んだよ!

こんにちは!

先日、六甲山で子供達と初スキーと初ソリをしてきました。

以前は「六甲山人口スキー場」だったのが、「六甲山スノーパーク」に変わっていたんですね。

(^^)  冬以外はスキー場ではなく「六甲山カンツリーハウス」で、よく家族で遊びに行きます。バーベキューや人工芝スキー、あひるボート、トランポリン、などなどがあります。

冬場は雪景色になるので、同じ場所なのに不思議な感じがします。

 

www.rokkosan.com

 

 

行った理由

今年の目標の1つに「家族全員で楽しめることを1つでも増やす」と掲げたので、スキーはその試みの1つですね。

(^^)夫はいつか、関西に新しくできた「峰山高原スキー場」に家族で行ってみたいそうです。

 

なんでしょう、関東の方たちはスキー慣れしている方が多いような気がします。

他のブログで“毎年恒例でスキー旅行に行ってます”っていう記事を見ると、確かに憧れちゃいますね☆

六甲山は人口スキー場だしレンタルも充実しているので、初心者には行きやすいと思います。

 

あと、次女にもソリ遊びをさせてあげたかったのも理由の1つ。

長女は年少位の時に一度、六甲でソリ遊びをしたんですが、次女はまだやったことなかったんです。

今回、次女はソリも初めてですね。

 

家族のスキー経験

長女と次女

未経験なので初心者です。 

若い時に一通りの遊びはしているので、普通に滑れます。でも20年ぶり位なのかな。

ハタチ頃、姉とスキー旅行に一度だけ行ったことがあります。最初は姉に教えてもらおうとしましたが、なんか途中からスクールに放り込まれました。

それでなんとかボーゲンまではなんとなく出来るようになったけど、それ以来行ったことがないので、初心者同然です。

とはいえあの一回がなかったら、今回一緒にスキーはしていないと思います。やっぱり若い時になんでも挑戦した方がいいですね!

 

不安点

車のタイヤ

人口スキー場なので基本ノーマルタイヤで行けそうなんですが、もし雪が降って積もったらそうもいかないですよね。冬用タイヤやタイヤチェーンを備え持った方が安心です。うちは夫が色々と考えてくれました。

私たちが行った日はノーマルタイヤで大丈夫でした。よかったよかった。

上のサイトトップに「本日の道路状況」や天気と気温が載っているので、そこからも確認できます。

 

子供がスキーを楽しめるか?

スキーって「さぁ滑りましょう」までの準備が結構大変じゃないですか。慣れていないと。

そして最初はやっぱり怖いし、うちの子はかなり慎重派です。

なので、一応ファミリースクールを予約しました。 我が家の場合は正解だったかな。でも周りにはガンガンこけながらもたくましく滑っている子もいたので、その子によりけりだと思います。

 

注意点

私は知らなかったんですが、全てのレンタルに保険代1000円がかかるので、結構現金が必要です。お金は多めに持って行った方がいいかも。

我が家は夫がネット予約でカード払いしていたので、そういう場合は大丈夫かもしれないけど、スキーって何かとお金がかかりますね。

(^_^;)そして最後は出口で、レンタルチケットを見せて保険代を返してもらうので、チケットをちゃんと持っておかないといけません。うちは9000円返ってきました。

 

あと、混んでいる時は駐車場が早めにいっぱいになるかも。

レンタルも限りがあるそうですし、後になるほど、ウエアは可愛いのが残っていないかも。

 

全体図  

f:id:sasayamanodoka:20190119114523j:plain

上記サイト(六甲山スノーパーク)より。

 

スケジュール

10時頃~17時頃の予定。

午前中はソリ、午後はスキー。

・スキーウエアに着替える。

・スノーシューズをレンタル。

・雪ぞりレンタル。

・ソリ遊び

・食事休憩。(休憩所があります。皆でおにぎりを食べました)

・少しソリ遊び。

・ソリとスノーシューズを返却。スキーブーツに履き替える。

・スキー板とストックを借りる。

・ファミリースクール…14時~16時

・その後、家族で少しスキー。

・着替えとレンタル返却。

 

混雑状況

私達が行ったのは、祝日の月曜でした。

到着時間は10時過ぎ。一つ奥の駐車場でした。

チケット売り場は少し並んでいました。30分位で買えそうな感じでしたが、我が家は夫がネットで購入していたので、すぐに入ることができました。

夫が事前に電話して色々聞いてくれたんですが、三連休のなか日は、午後になる頃には駐車場がいっぱいになっていたそうです。

 

持って行った物

ほぼレンタルでいけますが、ゴーグル帽子のレンタルだけはありません。

売店で売っているそうです。

うちは

・前からあった次女のスキーウエア(長女のおさがり)

・グローブ(レンタルできるけど、グローブ位は買いましょうかとなりました)

・汗をかいたり濡れた時の服と下着。

・ニット帽

・サングラス(ゴーグルのかわり。天気が良ければそれでOKでした)

そんな感じかな。

 

感想

ソリ、雪遊び

f:id:sasayamanodoka:20190119094348j:plain

次女は怖がりなので、大丈夫かな?と思っていましたが、めっちゃ楽しんでいました。

私の方がよっぽど怖がりでした。長女も勿論楽しそう。

結構ラフな格好で、ソリだけ借りて滑っているたくましい子もいましたが、やっぱり濡れていたので着替えた方がいいかな。 

 

地図では「スノーランド」と1かたまりで描かれていますが、ソリとは別に、もう一つ雪遊び場がありました。ソリと一緒だと危険ですもんね。

うちはそちらには行ってませんが、雪だるまを道具で作ったり、色々と楽しそうでしたよ。

 

ファミリースクールのスキー 

スクールは時間帯も中身も、種類が色々ありました。

ファミリースクールと、小学生のスクールとあって、どちらにするか迷ったのですが、子ども達が「家族一緒がいい」というのでファミリースクールに。

家族4人にインストラクターの先生が1人がついて、丁寧に教えてくれます。

どうしても幼い次女に先生がかかりきりになるので、夫が長女のサポートをしつつ、皆で教えてもらいました。

最初はスキーブーツがきちんと履けているかから見てくれましたよ。

 

最終的には2時間で、私と子供たちはステップ1の「まっすぐ滑りおりることができる」というところまでいきました。上達の早い人はもっと進めると思います。

夫は普通に滑れる人だったので、ステップ2まで最初からクリアです。 

 

最初、スキー板とストックを抱えて下まで歩いて降りるのが、私も子どもも一番大変でした。上からスタートだから、一度下までおりないといけないのよね。

 

でも、その後は少しずつ個人に合わせて教えてくれるので、ファミリースクールに入ってよかったかなと思います。

 

おまけ  

f:id:sasayamanodoka:20190119094412j:plain

スキーに行く前に、小1の次女がイメージで描いた絵です。背景だけ夫が描きました。

親バカですが、お気に入りの一枚です。

自分の子供が描いた絵はずーっととっておきたくなりますね。

( *´艸`)これはホワイトボードなので写真で残しておきます。

 

次女もなんとか楽しめたし、長女は「また行きたい!」と言っていたので、一安心です。次はいつ行けるかなぁ。

本当はお泊りでまとめて滑った方が、早く覚えられそうですよね。

 

翌日は皆、おつかれ顔で学校と仕事に行きました。 

以上、家族で初めてのスキーを楽しんだ話、でした!  

スポンサーリンク